【news 2013/1/19】東京主要5区のオフィスビル空室率、3ヵ月ぶりに改善

主要オフィスビル管理会社は2012年12月度の東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)オフィス市況調査結果を発表した。

東京主要5区のビル(基準階床面積100坪以上)平均空室率は8.73%(前月比0.23ポイント減)、3ヵ月ぶりに改善。最も空室率が改善したのは新宿区で10.99%(前月比0.76ポイント減)。ほか渋谷区で6.19%(前月比0.54ポイント減)、千代田区で7.01%(前月比0.49ポイント減)となった。新宿区・千代田区では、新築ビルで複数の大型成約が、渋谷区では渋谷駅周辺等での成約により空室率が改善した。中央区と港区は、新築ビルへの移転による二次空室が募集を開始した影響を受け、空室率は上昇している。

一方、推定成約賃料は1万6,093円(前月比97円増)と、5ヵ月ぶりに上昇。一部の新規募集ビルで値上げの動きが出たのが要因。しかし、空室が長期化しているビルでは賃下げの動きが続いており、全体的な賃料の上昇には時間を要するとしている。

同社は「13年は新築ビルの供給が12年の3割程度にとどまることから需給の改善が期待できるが、一方では潜在的な二次空室が多数あること、14年竣工物件の募集も本格化することから、オフィス市11786S況の改善には時間を要する」と分析している。

 

☆貸工場・貸倉庫はタープ不動産情報にお任せください☆
投稿者:Miura