【コラムvol.4】工場・倉庫投資のメリット~その3経年劣化が家賃に及ぼす影響が少ない

シリーズでお送りしている工場・倉庫投資のメリット。
第3回は「経年劣化が家賃に及ぼす影響が少ない」です。

私たちは工場・倉庫を“万能の箱”と考えています。
工場・倉庫の価値はその「空間」にあります。

となると、例えば建物が古い、新しいはその価値に
ほとんど影響がありません。ですので、築5年のものと
築30年のものの賃料はさほど変わりません。

一方、マンション・アパートはどうでしょうか?
年数の経過とともに賃料は下がっていくのが通常です。

賃料が下がらないのは、長期の資産形成を考えるうえで
とても大きなアドバンテージとなります。
また工場・倉庫の場合、入居したテナントが建物の
リノベーションを行うケースも多く、経年劣化どころか
逆に資産価値が上昇する、なんてことも期待できます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回は「変身が可能」をテーマにお届けします。

工場・倉庫投資に興味を持たれた方、どうぞお気軽に
以下までお問い合わせください。

株式会社 タープ不動産情報
03-5803-9292 担当:小林、大朏

 

☆貸工場・貸倉庫はタープ不動産情報にお任せください☆
投稿者:otsuki