米アマゾン、物流倉庫で新型コロナ感染相次ぐ 全国11カ所で確認

今回も新型コロナウイルス関連のトピックをお伝えします。 米アマゾンの物流倉庫で、新型コロナウイルスの感染が広がっている。同社と各地のメディアの報道によると、これ…

新型コロナウイルスが不動産市場に与える影響について

2020年に入り、新型コロナウィルスの流行は、アジア太平洋地域の経済に影を落とし、世界経済の成長に下振れリスクを呈しています。 短期的な影響は甚大で、感染の動向…

公示地価、5年連続上昇 地方圏は28年ぶりプラス

国土交通省は18日に2020年1月1日時点の公示地価を発表しました。商業・工業・住宅の全用途平均(全国)が1.4%のプラスと5年連続で上昇しました。札幌など中核…

固定資産税、中小向け減税拡大~4月の緊急経済対策

政府・与党は4月の緊急経済対策に盛り込む減税措置の調整に入り、まず新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける中小企業を主な対象にした施策から検討することとなりま…

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)について

ビジネスの世界において3PL(サードパーティー・ロジスティクス)という用語は広く浸透し、一般的なものになってきました。今や物流業務について考える際に、3PLは欠…

引越し難で賃貸成約減少 不動産仲介の倒産増加

賃貸住宅の入居契約が減っています。不動産情報サイトに登録された物件の首都圏の成約数は1年以上マイナスが続いています。既存物件の入居率は高いものの、転勤の減少や人…

住宅の不具合、売主に責任追及しやすく②~民法改正より

前回に引き続き、今回の民法改正でいわゆる「瑕疵担保」の規定にどのような影響が出るのかを見ていきます。 売り主が不動産業者で買い手が一般の個人の取引の場合、物件の…

住宅の不具合、売主に責任追及しやすく①~民法改正より

2020年4月の民法改正で、住まいの売買に関する最も大きなポイントは「瑕疵(かし)担保責任」の規定が全面的に見直されて「契約不適合責任」という規定に変わることで…

契約ルールが変わる~改正民法、2020年4月施行

2020年4月1日から企業や消費者の契約ルールが大きく変わる。民法のうち債権関係を規定する債権法が改正されたためだ。4月以降に結ぶ契約については、保証人になった…

海外不動産を活用した”加速度償却“にメス ~令和2年度税制改正大綱より~

昨年12月に令和2年度の税制改正大綱が閣議決定されました。 今回注目したのが、海外中古不動産を活用した所得税の節税策にメスが入った事です。“加速度償却”と言われ…